【講座レポート】実践講座3日目~ココナラ出品における戦略とパーソナルブランディング~

2023年12月23日

ご覧いただきありがとうございます。

デジタルウーマン四日市の実践講座3日目が12月16日(土)に開催されました。
今回の講座の内容は受講生の進捗状況の発表と、ココナラへ出品する際のポイントやパーソナルブランディングの学習でした。

それでは早速、受講生の篠崎が当日の講座の様子をレポートしていきます。

開催日時2023年12月16日(土)
開催場所四日市市市民交流会館「本町プラザ2階 第1会議室」
講師名株式会社Eプレゼンス 代表取締役 川北 睦子

【実践講座3日目の講師】

株式会社Eプレゼンス 代表取締役 川北 睦子
一級建築士から1999年にIT業界へ。2004年に独立後、2014年法人化して株式会社Eプレゼンスの代表取締役を務める。
中小起業の企業価値の向上や、起業家のためのブランド&PR戦略コンサルティングとプロモーションサポートを手掛けている。
個人のミッション「子育て中にキャリアが磨ける三重県へ!」

講座の内容

実践講座3日目は、1人2分ずつ進捗状況や相談事項などを発表しました。

前回と同様に発表内容に対して講師からアドバイスをもらい、今後の方針などをブラッシュアップします。
講座の後半では、ココナラに出品されているサービスを例に自分の商品のアピール方法などを学びました。

受講生がどのようにスキルアップしているのか、自分の商品・サービスをどのように作っていくのか、講座の一部を皆様にもご覧いただければと思います。

時間プログラム内容
13:30-16:00スキルアップブラッシュアップ(2)・参加者一人ひとりが作品を発表&説明
・講師による講評&質疑応答
・ココナラサービス出品準備説明
・ポートフォリオ制作状況確認
・各自修正&ブラッシュアップ作業

講座の様子

前回の講座終了後から今回の講座までは、Instagramの運用代行をする際に必要なツールに関するオンライン説明会を中谷講師に開催していただいたり、Eプレゼンスのデザイナーさんにもアドバイスをいただいたりと、Eプレゼンスの全面的なバックアップのもとスキルアップに励みました。

Google Chat(チャットツール)で作品の共有や進捗状況の連絡などをしながら、それぞれ2月に向けて着実に前進している様子を感じつつ迎えた講座当日。

準備したスライドを用いて、1人2分ずつどのようなことに取り組んできたのか、どのようなことに悩んでいるのかを発表しました。
講座の後半ではココナラに出品されているサービスを参考に、どのような点に注意して商品・サービスを設計すれば良いのかを学習しました。

ここからは、実践講座3日目の様子を写真とともに振り返っていきましょう。

1. 受講生の発表・講師による講評

まず、1人2分以内で進捗状況や悩んでいることについて発表します。

Instagramを投稿した方や実際にお店にイラストを提案した方、インプットをメインにしていた方など、取り組んでいることはさまざまでした。
受講生の多くが悩んでいることは、「方向性は合っているのか」「2月の講座終了時点で、どこをゴールにすればよいのか」というものです。

2月のマッチングイベントを除けば、残りの講座は1回。
想像以上にタイトなスケジュールで勉強や作業をする必要があるため、限られた時間の中でどこにゴールを設定するのか悩んでいる受講生が多いようです。

それぞれの発表を踏まえて、川北講師から質問やアドバイスをいただきました。
方向性に悩んできる受講生に対しては、「このようにしてはどうか?」と具体案を提示してもらえる場面もあり、悩んでいたことがクリアになった受講生もいたのではないでしょうか。

2.ココナラサービス出品準備

後半の部は、デジタルウーマン四日市に興味を持っていただいている四日市市議会議員の笹井議員のご挨拶から始まりました。
「女性にとってITスキルを身につけていただくことは、将来を左右する大きなことです。講座でITスキルの基礎を身につけて、力を発揮していただきたいと思っております。」と激励の言葉をいただきました。

後半の講義ではココナラのサービスの事例を用いながら、「どのような方が仕事を受注できているのか」を学んでいきます。
まず、発注者はどこを見て依頼する方を選んでいるのか、実際に川北講師が注目している点を具体的に教えていただきました。

初心者でも仕事を受注するためには、コピーライティングや魅せ方など細部までこだわる必要があり、競合の調査が重要であることがわかりました。

また、個人で商品・サービスを提供する際に重要なパーソナルブランディングについても学習。
八百屋さんの例や川北講師の事例を基に、自分のパーソナルブランディングについて考えていきます。
自分自身の理念や強みなどをすぐに書き出せる受講生は少なく、ワークに取り組める時間も短かったため、講座内で完了する受講生はほとんどいませんでした。

しかし、強みや才能を活かしてサービス・商品を提供していくためには、自分自身と向き合う必要があるため、後日時間を確保してワークに取り組みたいと思いました。

受講生の感想

受講生の感想の一部を紹介します。

「せっかく受講できた機会をしっかり活かして、行き詰った際は皆さんを頼りたいと思いました!
またブランディングの話では、書き出すのに時間がかかったことで、まだまだ自分の魅せ方や方針が不明確なことにきがつけました。なので、もっと普段の生活にもしっかりと心のアンテナを張っていきます!どうしても正解を求めてしまいがちなので、仮説でもよいので、とにかく出す、とにかく行動。それを活かしていきたいと考えています。
皆様控えめだけど、やることはやってるという方々ばかりで、とても刺激になっています。お互いに話せる機会などを作っていただけて感謝しております!」

「実際にココナラで仕事を受注するときの人選の仕方を見せていただき、受注する方にとって大切なこと、受注される方にとって大切なことがよくわかりました。

「パーソナルブランディングの話が特に印象的でした。子供が生まれてからは子供や家の事が最優先で、自分の事について深く考えることはなかったので、「もっと自分の事も考えていいんだ」と思えてうれしかったです。
自分軸の決定にはまだ時間が必要ですが、この過程を踏むことで自分に自信が持てそうです!」

「実践講座に移り、自らの目標に向かって各々進める中で、悩みや迷いが生まれてきました。
本日、情報共有させていただくことにより、講座終了後にアドバイスを下さる方や「一緒に頑張りましょう」と言って下さる方がいて、大変ありがたく思うと同時に大きな励みになりました。

講座の感想

前回は目標を発表しましたが、今回は進捗状況などを発表。
講座に合わせてさまざまな作業を進めましたが、どのような評価がもらえるのかドキドキしながら参加しました。

発表では川北講師からアドバイスをいただき、マッチングイベントまでにどのようなことを考えなければならないのかが整理できました。
また、受講生の発表を聞いて同じように悩みながら、前進していることが分かり、講座を通して成果が出せるように行動していきたいと感じる良い機会でした。

講座の中で特に今後の参考にしたいと思ったのが、発注者が仕事を依頼する方を選ぶ際にどのようなポイントを見ているのかという点です。
実際に発注することがある川北講師からどのようなポイントで仕事を依頼する方を絞り込んでいくのかを教えていただいたので、どのようなことが信頼性につながるのか、魅力的に見えるのかを具体的に学べました。
「そのようなところを見ているのか!」と新たな視点が得られ、とても参考になりました。

講座は残すところあと1回。
講座を通して自分が納得できる成果が得られるように、頑張りたいと思います。

執筆者:受講生 篠崎千織

最後まで講座レポートをご覧いただき、ありがとうございました。
2月のマッチングイベントまで、講座レポートを作成する予定です。
次回の講座レポートも楽しみにしていてくださいね。

2024年2月16日(金)に開催されるマッチングイベントに興味がある企業様は、ぜひお問い合わせフォームよりご連絡ください。

また、受講生が本講座に関する情報をInstagramで投稿しています。受講生がどのような投稿をしているのかチェックしてみてください。